相談が届けるメリット


具体的に会社設立作業が本格化すれば、その忙しさに呑まれ、更には次々と生じる要対応事項に追われる中、どうしても視野が狭くなってしまう傾向が否定出来ません。良く言えば夢に向かって猪突猛進状態ですが、この状態が継続すれば、時に独り善がりで微妙に誤った方向に力を注いでしまう、肝心の足元を見失ってしまうリスクが高まります。

起業を視野に入れた段階から、相談相手として税理士という存在が身近な場合、その都度生じた疑問や不安を直接コミュニケーションを図る事でクリアして行けるのみならず、正しい専門知識が自身の中にストックされて行きます。更に敢えて自身が対処せずとも効率良く会社登記を完了させる上で、税理士に任せるべき部分は一任する事で、代表者となる自身が動かねばならない案件に集中可能な環境の構築も叶います。

何より税理士が皆さんに届けるサポートは、会社設立完了までの期間限定ではありません。企業として動き始めた後こそが、税理士の広く深い専門知識と経験、そして法的に認められた独占業務の恩恵を最大限に実感する時なのです。1本の電話あるいは1通のメールから始まる、皆さんと税理士とのパイプ、これをスルーしてしまうのはあまりに勿体無さ過ぎます。


税理士は頼もしい存在


会社設立に際して相談相手に税理士を選択するメリットとして、税すなわち経済社会に於ける「お金全般のプロフェッショナル」である事実が見過ごせません。税理士と言えば節税対策に賢いアドバイスを届けてくれる片腕的なイメージを抱かれる方もおられるかと思われますが、それはあくまで専門知識に基づき対処が可能な作業の1つに過ぎません。経験豊富な税理士jは幅広い分野のさまざまな規模の法人組織の舞台裏を熟知しており、自身の目で捉え続けた情報と経験に基づく、さまざまな能力を有している存在です。

更に見逃せないのが、税理士が有する人脈です。弁護士、司法書士、会計士、社会労務士など、これから皆さんが企業のトップとして経済社会に自社を漕ぎ出されるに際し、時に力添えが必要となる可能性が想定される各方面の専門家と税理士とのパイプ、これを見過ごす手はありません。

勿論複雑な手続きも税理士に一任すれば、私達であれば生じるリスクが避けられぬケアレスミスの不安とも無縁です。但し理解が難しい作業を税理士に全て丸投げ一任から、果たしてどのような手続きが進行中なのかを理解せぬままの依頼は「間違い」です。常に確認作業を怠らず、整理士が自分のために今現在どのような作業を代行しているのか、常に確認把握する姿勢が欠かせません。

参照HP《税理士法人アディーレ会計事務所─会社設立代行無料相談》


個人対応の限界を知る


昨今飛び交う起業すなわち会社設立関連情報をランダムに検証する限り、それらの多くが「簡単」「誰にでも難なく出来る」的に企業を煽るような文言が目立つ風に思われます。確かに法人組織を登記するに際しての必要条件は一昔前と比較して随分緩和されていますが、それでも各々の手続きは複雑かつ厳格さが求められ、僅かな書類不備でも容赦無く突き返されてしまう作業には違いありません。

まして起業される当事者が為すべき作業は、こうした事務作業だけではありません。自らが新たに参入を試みるビジネス全般の緻密な下準備、テナント物件など「器」「拠点」となる施設面の整備、更には関係者取引先各位との失礼無きコミュニケーションなど、1日24時間不眠不休でも全く時間が足りないと感じる事は、全ての企業経験者が身をもって知っておられる現実です。

会社設立はある意味「時間との闘い」ですが、それが乱雑なやっつけ仕事であってはならず、全幅の信頼を寄せるに値する税理士への相談からの力添えが見過ごせないのも至極当然なのです。大切なのは過信に走らず、1個人としての対応能力の限界を冷静に踏まえ、税理士とピンポイントを押さえた二人三脚作業の実践なのです。


会社設立と税理士


一昔前と比較して格段にクリアすべきハードルが低くなり、更には時代の流れに伴うビジネスシーン全体の形態の変化もあり、会社設立を視野に入れられる起業家の絶対数は年々右肩上がりで増加を続けているのも事実です。例えば株式会社を設立する場合、一昔前であれば取締役が何名以上、資本金額がいくら以上など、一定規模以上の陣容と資金面の体力の存在の確認が不可欠でしたが、今日では自分1人でも企業のトップを公的に名乗る事が叶い、これも起業家の卵的な存在を急増させている大きな要因と推察されます。

こうした一面だけを見る限り、会社設立は身近なアクションと映りますが、それでも複雑な所定の手続き、更には会社として動き始めた後に必要不可欠な諸対応など、法人組織を運営維持して行くに際し、求められるスキルの高さなどは旧来と何ら変わりません。こうした経済社会の荒波に自組織を漕ぎ出したその先に関する計画やビジョンがお留守だった結果、人生を賭けた会社設立が程無く頓挫してしまう残念な例もまた、水面下では数え切れないのも現実です。

こうした残念過ぎる初動段階での躓きを回避から、中長期的に自身が立ち上げた会社が安定して成長軌道を歩んで行くべく、設立段階で欠かせぬ税理への相談の奨めとその理由、更には数々のメリットについてご紹介します。「会社設立は自分だけでも可能」なる文言が飛び交い、これjは確かに間違いではありませんが、経営者一年生としての限界を冷静に捉える姿勢も不可欠です。然るべき専門知識と豊富な経験値を有する税理士なる存在を、ぜひ皆さんの視界内に捉えておいてください。