会社設立と税理士


一昔前と比較して格段にクリアすべきハードルが低くなり、更には時代の流れに伴うビジネスシーン全体の形態の変化もあり、会社設立を視野に入れられる起業家の絶対数は年々右肩上がりで増加を続けているのも事実です。例えば株式会社を設立する場合、一昔前であれば取締役が何名以上、資本金額がいくら以上など、一定規模以上の陣容と資金面の体力の存在の確認が不可欠でしたが、今日では自分1人でも企業のトップを公的に名乗る事が叶い、これも起業家の卵的な存在を急増させている大きな要因と推察されます。

こうした一面だけを見る限り、会社設立は身近なアクションと映りますが、それでも複雑な所定の手続き、更には会社として動き始めた後に必要不可欠な諸対応など、法人組織を運営維持して行くに際し、求められるスキルの高さなどは旧来と何ら変わりません。こうした経済社会の荒波に自組織を漕ぎ出したその先に関する計画やビジョンがお留守だった結果、人生を賭けた会社設立が程無く頓挫してしまう残念な例もまた、水面下では数え切れないのも現実です。

こうした残念過ぎる初動段階での躓きを回避から、中長期的に自身が立ち上げた会社が安定して成長軌道を歩んで行くべく、設立段階で欠かせぬ税理への相談の奨めとその理由、更には数々のメリットについてご紹介します。「会社設立は自分だけでも可能」なる文言が飛び交い、これjは確かに間違いではありませんが、経営者一年生としての限界を冷静に捉える姿勢も不可欠です。然るべき専門知識と豊富な経験値を有する税理士なる存在を、ぜひ皆さんの視界内に捉えておいてください。